明治神宮に、厄払いに行くの巻
友達から「私たちまた、前厄だよ・・厄払いに行かないか?
何しろ私、玄関で灯油をこぼし、税務署のシステムに一日中振り回され・・」
というメールが来て、「行こう!すぐに!」となりました。
c0143683_1611672.jpg

薄暗い明治神宮神楽殿。畳は床暖房もきき、うーん、眠くなりそう。。
と思っておりましたが、後ろに落ち着かないお子様がいて、
お母さんに「ゴン!」と鈍い音で殴られたりしていているうちに、
巫女さんが可愛い梅の銀細工みたいなのを持って踊り始めたりして、
なんとか眠くなる事もなく、終了しました。

おみくじを引いてみた所、普通の吉凶を占うものではなく、
明治天皇の教訓的な和歌が書かれており、
「国民としての義務を果たせ」と書いてあった友人は、
「税金だって、払ってる!」と少しご不満のご様子。

「でも、一応、もっておく。」としまっていた所がけなげ。
神さま。私たち、心を入れ替えてますから!厄とかなしでよろしくです!
c0143683_16212969.jpg

夕飯まで少し時間があまったので、Tokyo Apartment Cafeで休憩。

外国人用アパートの部屋をモチーフにしたつくりで、リビング&ダイニングルーム、キッチン、書斎、ベッドルームと、空間が分けられています。
友人が食べていたラムレーズンプリンがおいしかったので、他のメニューにも興味。
c0143683_16325494.jpg

さらにH&M、hhstyle.comなどを散策。

c0143683_1711273.jpg
そうして到達したのが、友人オススメの隠れ家的お店「しゃぶ膳紫波」。
キャットストリートはかなり行き来してたのに、一本隣の道を歩いた事なかった!

まずは石鍋でたこしゃぶをくぐらせます。
吸盤のコリッとした食感はぜひ、体験していただきたい!
やがて、お店の方が、たっぷりの野菜を調理して、盛ってくれます。
次に、紫波牛をくぐらせて、モグモグ。うう、やわらかくて甘くておいしい。
〆は、上げモチと、にゅうめん。はー。ごちそうさまでした。

昨年は忘年会も断り仕事にまい進した日々でしたので、
本日は、久々にゆったりと贅沢をした気分。

厄払いって、素敵だなあー。
[PR]
by salone-aoyama | 2009-01-24 16:46 | RESTAURANTS
<< Tucson Gem and ...
Hiroko Takahash... >>