アーティストで選べるお花屋さん
本日は、友人の命日。
友人が若くしてなくなってから10年の歳月が過ぎ、
時間の薬が効くのが待ち切れなかったけれど、
友人のファミリーとは、支え合ってこの日をむかえたなー、という感じ。

なので、花束を持って行きたかったんだけど、お家が関西なので、
事前に「アーティストで選べるお花屋さん」というサイトから、
フラワーアーティストを選んで送ってみました。

和泉 淑子さんという方の作品を選び、他の人の為につくった花束を見ながら
「こんなイメージ・色はアイボリーとグリーンで」など指定しました。

イメージよりは少しボリュームがなかったかなー?とか思いつつも、
完成品の写真が送られてくるところが、うれしいシステムです。

出来合いの花束を写真で選んで買うより、心を込められた気がするし、
センスもモダンで安心しました。

出来合いの花束をネットでさがすと、金額が高い割に、
古くさいセンスの花束のお店が多いんですよねー。

うーん。またインターネットで新しい分野の、良い買い物をしてしまった!
c0143683_1026929.jpg


アーティストで選べるお花屋さん
http://www.kadan.ne.jp/


和泉 淑子さんの作品集にはこんなサンプルも載ってました。
微妙な色合わせでかわいい!
c0143683_13413016.jpg

c0143683_13475651.jpg


c0143683_13493871.jpg

[PR]
by salone-aoyama | 2009-03-05 09:20 | DIARY
<< 鎌倉夫人と「鎌倉 青砥」でランチ
代々木上原に出向くの巻 >>