愛犬のパピヨンを懐かしむの巻
c0143683_012746.jpg

東京に帰ってくると、実家のパピヨンたちが懐かしい。。
c0143683_0123846.jpg

かつて「ウシくん」というあだ名をつけられ、
壊れた蝶番のような声をあげていたくうちゃんも、1歳半。
c0143683_051058.jpg

すっかり茶色の毛になって、ウシの面影はなくなり、
母犬のななちゃんよりも1.2倍の大きさに成長しました。
c0143683_026484.jpg

私を見ると、「・・・・!」「ギャン!(喜)」「キューン(絶頂)」
と、声を裏返して歓迎し、嬉ションするくうちゃん。
c0143683_0313474.jpg

そんなくうちゃんの後ろで、耳をたおし
ヨチヨチと歩きながらしっぽをふるななちゃん。
(どうも足が短いのでヨチヨチして見える)

昼寝をしているとお腹の上と足の上に
二匹が乗っていたりして、肌寒い日はいんですよね。

会いたいなア。
[PR]
by salone-aoyama | 2009-05-08 18:30 | DIARY
<< ごまだし - 海からのお届けもの
原宿 CAFE RIBERTE >>