ごまだし - 海からのお届けもの
本日は、朝から宅急便が次々と来ます。
4件目のピンポンで、思いがけないお届けものが。

差出人と内容物を見て「お!」と声をあげた私を見て、
(喜んでる!)と思ったらしい宅急便のお兄さんはニヤリと笑い、
走り去っていきました。

ベビーたちを連れて漁村(←おそらく)に行っている
Natsuno Atsukoさんからの小包でした。

▼あじ 
c0143683_13134990.jpg

▼うるめいわし
c0143683_13153266.jpg

▼ごまだし
c0143683_13154835.jpg


ごまだしって何?と説明を読んでみると、
+++++++++++++++++++
焼いた魚の身、胡麻、醤油等を混ぜ、
擂り潰して作られる郷土料理である。

丼にうどん玉を入れ、ごまだしを載せてお湯を掛けて、
「ごまだしうどん」とするのが最も一般的な食べ方。

食べる際には、ごまだしとお湯、うどんを良くかき混ぜていただく。
ごまだしは家庭で作られていたため、
その味は各家庭により様々である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
から抜粋
+++++++++++++++++++

すごく簡単なのが嬉しい。さっそくランチに食べてみることに。
冷凍うどんを切らしていたので、乾麺を使用。
c0143683_1421566.jpg

これが「ごまだし」だ!
c0143683_1422540.jpg

ぱっと見、お味噌汁のように見えるかもしれませんが、
味はぜんぜん違います。優しくておいしい味のこれは、、
私の知っている食べ物の中では九州の「冷や汁」
に似てるかな?
c0143683_1425758.jpg

Natsuno Atsukoさん。ごちそうさまでした。
ありがとうございました!!!

今夜はお魚を焼いてみようっと。
[PR]
by salone-aoyama | 2009-05-09 13:09 | DIARY
<< フロスティなアクリルリング
愛犬のパピヨンを懐かしむの巻 >>