瀬戸内の島を訪ねる
瀬戸内海のある島で教師をしていた祖母は、
知り合いが多い島を、断固として離れません。

90歳を過ぎているので、大好きな独り暮らしをあきらめてもらい、
今は、こんな老人ホームに入ってもらっています。
c0143683_2074919.jpg

離島のかたすみにある老人ホームなのに、
とってもスタイリッシュ。
祖母の部屋とは思えない、ミニマルな空間です。

ひと部屋ひと部屋が光あふれて広く、
清潔なこのホームは、祖母も気に入っている様子。
c0143683_2085099.jpg

90歳を過ぎた祖母は、もう私の名前も忘れてますが、
「あんたは笑くぼができて可愛いねえ。」
と私の幼い頃の特徴を覚えてくれて言ってくれます。

「ありがとう」が口癖なのも、良いなあ、と思います。
c0143683_20213195.jpg

帰り道に、とあるお店で父が言うには、
「これが、島のソウルフード 大豆うどんだよ」。
・・・お、おいしいッ! (←なぜか、初めて食べた。)
c0143683_20265142.jpg

島では、美しいお花もいっぱい咲いていました。
こちらは、彼岸花。
c0143683_203144.jpg

海につまれた塩の山が面白い。
小さい頃は、これは瀬戸内海でつくられた塩だと
思っていましたが、意外とこれは、岩塩なんだそうです。
c0143683_2035392.jpg



c0143683_12534549.jpgこのサイトのRSSを購読

c0143683_12364219.jpg
[PR]
by salone-aoyama | 2009-09-21 20:30 | DIARY
<< 縄文村 再訪
ブールミッシュ(BOUL... >>