広島の牡蠣いかだ
これ、なーんだ?
c0143683_23304352.jpg

広島の海に浮かぶ、竹を組んだ牡蠣いかだから
吊るされる、ほたて貝なのです。
ここに、牡蠣の稚貝が植え付けられます。
c0143683_23322791.jpg

牡蠣の養殖は、室町時代頃からはじまっていたそうです。
ほたて貝の手法に落ち着いたのは、近年らしいですけれど。
c0143683_23354196.jpg

沖にもたくさん、牡蠣いかだが設置されていて、
これを見ると、広島に帰って来たなー、と思います。
c0143683_23372125.jpg

***********************
で、毎度おなじみ、瀬戸内の島、
祖母の暮らす老人ホームを訪問しました。
(渋い話題ばかりで失礼。)
c0143683_23391718.jpg

季節の飾りが、ホームのスタッフの皆様の
暖かさを感じさせて、嬉しい。
c0143683_2342868.jpg

c0143683_23395782.jpg

c0143683_23401615.jpg

祖母の表情が、とっても穏やかなのは、お部屋に
光がたくさん入ってくるからかもしれません。
c0143683_23435018.jpg

c0143683_23543857.jpg

90歳を超えている祖母ですが、彼女が小学校の教師を
していた時代の教え子の方々が、今でも数人、
祖母を見舞ってくれているとの話を聞きました。

祖母は決して、瀬戸内の小さな島を離れようとしなかったけれど、
そんな人生もまた、良いものだなー、と思った新年でした。
c0143683_23573929.jpg

c0143683_23583911.jpg




c0143683_12534549.jpgこのサイトのRSSを購読
[PR]
by salone-aoyama | 2010-01-02 08:29 | DIARY
<< ジュエリー研究会『MUSUBU...
CLASの新作、登場! >>