パッケージの悩み
SALONE AOYAMAでは、色んな作家さんの作品を
扱っているので、それぞれのブランドのパッケージで
商品をお送りすることになります。

が、もともと店頭でお渡しする事を想定されたパッケージ
ですので、それだけではお送りすることができません。

私が愛して来たのは、このダークブラウンの箱。
もっと小さいのと大きいのと3種類あって、手にするたびに、
「あああ。出会えてよかった。今日も可愛い!」と思うほど好きでした。
c0143683_179311.jpg

私のジンクスとして、そういう風に喜びの絶頂をむかえたり、
物事を愛しすぎると、良いことはありません。

このパッケージ、突如、生産が終了してしまいました。
頭をガンとなぐられたようなショック状態。。

おそらく。しばらくはこちらのボックスで
お届けするかもしれません。
c0143683_17152833.jpg

本当ならば、オリジナルのボックスだって作りたいのです。
でも、パッケージの在庫を置く倉庫をどうするかとか、
問題は色々あり、なかなか踏み切れません。

宅急便はある程度の大きさがないとつぶされそうで不安なので、
上の小さい箱を、お家の形の段ボールに入れてお送りします。
省資源と安全のせめぎ合いで、ここでも悩みます。
小さいジュエリーを大きく送る方法。。

とりあえず、この段ボールのことは、あまり愛さないようにしておきます。。
c0143683_17172251.jpg

[PR]
by salone-aoyama | 2010-08-28 17:19 | DIARY
<< とろなまドーナツ 南青山 旗艦店
京大総長カレー >>