3-別荘と文化人
1-初軽井沢 / 2-お料理をつくる手 /
3-別荘と文化人 / 4-食のこだわり 職人館 /
------------------------------------------------
軽井沢のお話第3弾。

「ご近所には、作家さんとか大学の先生とか多いのよ」という
お母様のお話に興奮し、憧れの大江健三郎さんと谷川俊太郎さんの
別荘まで朝方お散歩する事に決めました。ミーハーですみません。

まずは、コーヒー、トマトジュースと朝ごはんで腹ごしらえ。
ここのお家は、朝からアジをやいたり、麺をゆでたりお母様が
色々工夫されるそうですが、本日は、洋食でした。
c0143683_0301177.jpg

ものすごくたくさんのブルーベリーが入っていたパンがおいしかった。
農工房 銀亭という所のパンだそうです。
c0143683_0331660.jpg

お腹がいっぱいになったところでお散歩。
お父様が、クマよけのベルを渡してくださいました。
c0143683_0345991.jpg

まるで宮崎駿の世界。土の道をゆっくり歩くなんて、久しぶりです。
c0143683_0403935.jpg

この先には何が・・・?
小さい頃に来ていたら、ファンシーな妄想をしてしまいそう。
c0143683_0355825.jpg

避暑という言葉の意味を実感する涼しさ。
この土地で色んな方が執筆したり絵を描いたりして来たのかなー?
と思うと、ワクワクしました。
[PR]
by salone-aoyama | 2010-09-05 20:44 | DIARY
<< 4-食のこだわり 職人館
お料理をつくる手 >>