映画 BURLESQUE(バーレスク)
あまり記事を書いていなくても、ブログの訪問数が減らず、
気が咎めてしまいます。すみません。。
ちょっとした雑談っぽい記事を書いてみます!

映画「BURLESQUE(バーレスク)」の初日に誘われ、
見に行って来ました。

いやー、楽しかったなー。登場人物が皆良かったです。
私は密かにアギレラの唸り声のような歌声が好きですし、
スタンリー・トゥッチ氏も好き。
シェールも、かなーり恰好よかった。

アリ(アギレラ)やテス(シェール)が、
気が強くて綺麗なのに、みっともなくジタバタ
している姿がユーモラスで、私は、泣けました。



後から、なんで泣けたのかな~?と考えたのだけど、
意外と成功をおさめていくアリじゃなく、
店主役のテスを見て泣けたのかもしれないな、と。

「明日も当然この店がここにある」と信じて、
ダンサーの女の子たちが、無邪気に次々と
自己主張をしたり問題を起こしたりする一方で、
店の持ち主であるテスの孤独は深い。

「認められたい!」と女の子に熱意をぶつけられても、
「この店が倒産してしまうかもしれないのに!」
という不安に、テスは押しつぶされそうな訳で、、。

それでも余裕のありそうな表情で叱ったり褒めたりして、
あくまでも強く美しいテスであり続ける所がけなげ。
(裏では、みっともなくジタバタしてるとこもリアル)

私が前に勤めていた会社の、若き経営者の方達の
苦労を思って泣けたのかもしれません。
私は何も考えず、無邪気に、自己主張してたなー。



アギレラ、踊ってみたら特にダンスがうまくなくて。。
ちょっと歌手なのを忘れはじめてたので、
歌いはじめて、「天才だ!」と、びっくりしました(笑)

(いや!!踊りもかなり上手いのですが、「天才だ!」と
ハッとするほどではないと、、、個人的な意見です)
[PR]
by salone-aoyama | 2010-12-18 20:55 | DIARY
<< 外苑前 銀杏並木
全品☆送料無料☆キャンペーン中!! >>