キューバ料理@六本木 LA GORDA
私は、昔の事をほとんど覚えていないので、
友人にも「今この時の出来事も、すぐ忘れちゃうんだね。。」
と常々、寂しがられます(笑)

でも最近は、ブログが記憶を補完してくれているかも・・?

そしてまた、ブログを書いていたおかげで、先日、
中高時代の部活を一緒にしていた1学年下の方から
「先輩ですよね!?」と、懐かしの連絡を受けました。
c0143683_23134952.jpg

「おお!覚えている!」とすぐに思いました。
で、なんと卒業してから十何年ぶりに、六本木でお食事をしました。

キューバ料理は、生まれて初めていただきました。
アメリカの南部では、よく食べられているとの事。
c0143683_23154171.jpg

お互いの学年のメンバーのその後を語り合い、
「・・・?あー!あの方が!」と、
全く閉じていた記憶が開いていく快感!

外見は洗練されても、中身は全然変わっていない感じがして、
とても楽しかったです。
c0143683_2315465.jpg

「なんか、京都で外国人いっぱいと合宿した記憶があるのはナゼ?」
と聞いたところ、高校生の頃、生徒会のメンバーで、
京都に招待されたのではなかったか、と。

サイトで調べたら、地球子ども会議というのが京都国際会館であって、
60ヵ国358名が集まったとの事。
私は、ブルキナファソというアフリカのお友達や、
アメリカ、フィリピンのお友達が出来ていたのを思い出しました。

今、そこで歌ったオリジナルソングを歌詞付きで思い出す所
まで行ったので、次にお会いすることがあれば、ぜひ、
歌って聞かせたいと思います。(笑)
c0143683_2315533.jpg

お土産に、Lisnのお香をいただきました!嬉しい!
c0143683_23562576.jpg

こうしてお会いしてみると、出身地が同じってだけで
「心強い味方」って感じがするのはなんででしょう?

出会いって、意識していなくても、何十年もずっと
続いていくのだなー、と感慨深く感じた夜でした。
[PR]
by salone-aoyama | 2011-01-15 23:11 | DIARY
<< 12人の現代建築家がデザインし...
cyane 再入荷! >>