広島で一番おいしいカレーの店 nandi(ナンディ)
たぶん、広島で一番おいしいカレーのお店が、
3月14日(月)に、中電前(あるいは地蔵通りの近く)に、オープンします!

▼nandi(ナンディ)
http://ameblo.jp/7300041nandi/

nandiのオーナーシェフ平原氏は、10代の頃の友人です。
エリートだった彼が、「カレー屋になる」宣言をして、いわゆる脱サラをし、
カレー屋さんで修行を始めたときは、びっくりしたものでした。

彼が修行したのは、創業55年を迎える東京の有名店「デリー」
仲間の皆で東京ミッドタウンのデリーに遊びに行って、厨房で働く彼に
お嬢さんのご出産祝いを渡したのが、昨日の事のようです。

きっとそれからいろんな、いろんな苦労があって(詳細を知らないので省く・笑)
突如、広島にステキレストランが出現しました!!!!
ジャーン!!!!!どうですか!いい感じじゃないですか!!!
c0143683_118218.jpg

お店についたらまず、あったかいチャイをポットからつぎたい。
c0143683_1116491.jpg

そして、こっくりと煮込まれたバターチキンを食べたいのです。
ここのカレーは本格派インドカレーでありながら、
にんじんとかじゃがいもが入っていて、「ご飯に合う」カレーなのだそう。
c0143683_11185164.jpg

ご飯に合うカレーという事で、普通の日の平日のランチタイムとかに、
利用するのも良いと思うのです。
お弁当もあるみたいなので、近隣のオフィス街の皆様、ぜひ!
c0143683_1122851.jpg

ちなみにお店の名前の「ナンディカレー」は、激辛!はまります。
c0143683_11215719.jpg

c0143683_1122507.jpg

c0143683_1123064.jpg

で。私が前々から楽しみにしていたのは、内外装。
「Hand-Me-Down」というところにデザインを依頼したと聞きとかなり興奮!
個人的にかなりリスペクトしているお店。

以前広島を散歩していたときに、「超絶的に可愛いお店じゃ。。。
まるで、100年前からあるような落ち着き具合をかもし出しとるけど、
この隙のないお洒落具合は、多分、新しく内装をしとる。考えれれんお洒落じゃ。。」
と思っていたセレクトショップだったのです。(広島弁で失礼)

だから、もともとラーメン屋さんだったこんなビルが
c0143683_11344733.jpg

絵本からでてきたお店のようになる!!!!
(左角に、牛<ナンディ>が座っとる!)
c0143683_11351376.jpg

イイネ!イイネ!!!
c0143683_1381330.jpg

c0143683_138251.jpg

c0143683_1383240.jpg

ちなみに、私が「気絶しそうに可愛い」と思った「Hand-Me-Down」
さんのお店は、こんな感じ。

古びた汚し方をわざとしているお店は東京にもあるけど、なんか、
こだわり度が全然違う!と思いました。
店内のレイアウトも、良い意味で「無駄な空間」があって面白いお店です。
c0143683_11423768.jpg

というわけで広島にいらしたら「中電前」でチンチン電車を降りていただき、
徒歩3分の「nandi(ナンディ)」にいらしていただければと思います。

nandi インドカレー / 中電前駅市役所前駅袋町駅

夜総合点★★★★★ 5.0
昼総合点★★★★★ 5.0




▼リリース入手しました
------------------------------------------------------
創業55年の有名インド料理店で修行したオーナーシェフの
本格派カレー店が中電前にオープン!


創業55年を迎える東京の有名インド料理店「デリー」で修行したオーナーシェフが、こだわりの味をそのままに、2011年3月14日、毎日でも来たくなるインドカレー店「nandi(ナンディ)」を広島市中区・中電前にオープンします。

■毎日でも来たくなる、「ご飯に合う」本格派インドカレー
「nandi(ナンディ)」は、広島で働く男女~週末の家族連れにも楽しんでいただけるよう、「ご飯に合う」を追究しつくした本格派インドカレーを提供します。油分を抑え、りんごやじゃがいも、にんじんといった欧風の食材をとけこませることで、どこか懐かしさのあるインドカレーを実現しました。
メニューは、こだわりぬいた5種限定。5種それぞれで違った味わいを楽しめるよう、スパイスの香りと具材を工夫しました。お店の名を冠した「ナンディカレー(800円)」は、汗がドッと噴出す驚きのスパイシーさ。辛いものが大好きな方は、癖になるおいしさです。また、女性やお子様におすすめは「バターチキンカレー(900円)」。カシューナッツとトマトを使い、まろやかながらもさっぱりとした味わいで、とても食べやすく仕上げました。

■毎日でも来たくなる、「懐かしさのある」内装
古びた足場板と鉄を使い、どこか懐かしさのある内装は、暖かみのあるデザインが得意なセレクトショップ「Hand-Me-Down(広島市・中区)」によるもの。インドから取り寄せた雑貨を販売するなど、インドの街のジャンクな雰囲気を演出しながらも、気軽にくつろげる空間を生み出しました。
店名のナンディはサンスクリット語で「幸せなもの」の意。くつろげる空間でおいしいカレーをじっくりと味わい、幸せな時間を過ごしていただけたら、という思いがこめられています。また、「ナンディ」は、ヒンドゥー教のシヴァ神の乗り物とされる牝牛の名でもあるため、オーナーシェフがインドで買い付けてきた牝牛の置物が、お店のあちこちにさりげなく置かれています。

■毎日でも来たくなる、「充実の」サイドメニュー
平日のランチタイムは、テイクアウトのカレーもご用意します。また、セットメニューのドリンク(+100円)の中には、ホーローのミニポットから注いで飲める本格派のチャイも。ディナータイム限定のタンドリーチキン(700円)は、グレービーソースたっぷりのジューシーな味わいが自慢です。インドのパン、チャパティとも相性抜群。各種取り揃えたインドのビールやワイン・ラムなどと一緒に召し上がりながら、ゆっくりとおくつろぎください。

広島出身のオーナーシェフは、東京でのサラリーマン生活を送るうちに、「地元に根付き、ずっと愛される店を育てたい」という思いを抱き一念発起。東京の老舗インド料理店での数年間の修業を経てUターンし、日本人が大好きなカレーの店を開店しました。毎日来ていただいても楽しめるよう、今後は月替わりのカレー・デザートの充実などもはかり、いつも小さな驚きのある店でありたいと考えています。


【店舗データ】
店名:nandi(ナンディ)
業態:インドカレー専門店
営業時間:ランチタイム 11:00~15:00(LO.14:30) ディナータイム 17:00~22:00(LO.21:30)
定休日:日曜・祝日(予定)  客単価:ランチ820円 ディナー1300円
住所:〒730-0041 広島県広島市中区小町6-20
席数:14席  坪数:12坪  電話:082-249-4511  
Email:7300041nandi@gmail.com
ホームページ:http://ameblo.jp/7300041nandi/

【メニュー】
チキンカレー 700円 ナンディカレー 800円
野菜カレー 850円 バターチキン 900円
キーマカレー 850円 タンドリーチキン 700円
チャパティ(2枚) 150円
チャイ 350円 インドビール各種 500円~   
[PR]
by salone-aoyama | 2011-03-11 11:49 | RESTAURANTS
<< 地震
Razu Creation 3... >>