お客様の 革のおさいふ
c0143683_1823185.jpg

秋山さんのおさいふ、初のセミオーダー会が始まりました。
茨城からお越しいただいたり、ずっとサイトをご利用していただいている
お客様にとうとうお会いできたり。秋山さんの著書のファンの方が偶然
いらしたり。とても感謝&嬉しい一日でした。
c0143683_18283311.jpg

こんな風に、革のカラーチップから、セミオーダーのお色を選べます。
c0143683_18254078.jpg

カラーチップだけじゃ分からないかな?という事で、巨大な革も登場。
個人的に革は大好きな素材なので、よだれが出そうです。
c0143683_1826589.jpg

こちら、私の、秋山さんのおさいふ歴代シリーズ。
「いやっ。もう、捨ててっ!」と秋山さんはおっしゃっていましたが、
愛着があって、捨てられません。
c0143683_18301013.jpg

4つ並べてみると、好みの色がわかって、
我ながらちょっと笑っちゃいました。

「秋山さんに負担をかけるから。。」とずっと遠慮してお客様に
作品をゆずってきましたが、今回、秋山さんがお許しくださったので、
私も初のセミオーダーをしたいと思ってます。ワクワク。

今回はノートが商品にあったので、
ノートのセミオーダーにしようかな?と思ったり。ゆっくり考えます。
c0143683_1830487.jpg

そして、ご来場いただいたお客様のお財布も、
撮らせていただきました!

こちらのお客様は、2ヶ月に一度、季節に合わせて
秋山さんのお財布を変えているそうです。プロ級!
c0143683_18332046.jpg

メガネケースも秋山さんでした。
c0143683_18332832.jpg

こちらのお客様も、とっても明るくて、楽しかったなー。
c0143683_18341597.jpg

これはレアな柄。ファン垂涎の珍しさです。
c0143683_18354776.jpg

秋山さんのお財布をつかっていると、よくレジの方に、
「それはどちらで?」と聞かれるのです。
c0143683_1838176.jpg

ときには、「あれ?それ、秋山さんのですよね!?」と、
レジ前で、他のお客様に会うケースもあるそう。
模様はすべて一点ものなのに、特徴的なので、分かります。
c0143683_18393240.jpg

使ってると、気分があがるんですよねー。
それもこれも、秋山さんのほんわかした人柄が、
作品に表れているからかもしれません。
c0143683_18395183.jpg

うちのサイトでお買い求めいただいた子たちにも
再会できて、感激!
c0143683_18403093.jpg

みなさん、綺麗に、楽しんで使ってくださって、
ありがとうございます♡
c0143683_1843429.jpg


■個展会期 
 4月4日(水)~15日(日) 11時~19時 月火定休
■セミオーダーご相談 要ご予約
 4月7日(土)、8日(日)、15日(日) 13時~17時


▼セミオーダー会のご予約は、こちらから
http://www.the-show-room.com/reservation/

c0143683_1945100.jpg

▼オンラインショップはこちら
http://salone-aoyama.com/scb/shop/shop.cgi?id=4&

▼作家のインタビューはこちら
http://www.salone-aoyama.com/lounge/interview04.shtml
[PR]
by salone-aoyama | 2012-04-07 18:44 | THE SHOWROOM
<< おかいもの
桜咲く >>