自然食を満喫するの巻
こんにちは!

本日は、5月の緑を満喫すべく、山にドライブに行きました。
郷里に帰ってきたら必ず行く、山中にある自然食料理の店は、
気に入りのお店です。

店内に入るとうすぐらい室内の畳の上に、
ご主人が焼いた皿や古いお皿、
骨董のお膳がうず高く重なっています。

それをセッティングしてふりむくと、
こだわりのお料理が大皿に盛られている取り放題形式。
地元で採りたての自然野菜が、盛りだくさんです。
c0143683_21151724.jpg

野菜の切り方、煮付けの仕方が少しずつ工夫されていて
料理のセンスがよく、野趣あふれる雰囲気。
c0143683_21185895.jpg

それを、縁側や庭の椅子の上で食べます。(右の写真の樽は、犬小屋)

都会のお店のようにすっきりと洗練された内外装ではないですが、
とにかく料理がおいしいのと、風がそよそよと気持ちよく、
庭のいろりには、お茶がしゅんしゅん、鉄鍋にはみそ汁がたっぷり。

「揚げたての山菜のかき揚げ、いかがですか?」
とお店の方が回ってきてくれたりします。
ちなみに今日は餅つきをしていました。

店主の方が、(ちょっと調律の狂った)古いピアノをひいていたりして、
・・・ここ、楽園?

自然食バイキングは、全国的にはやっていますが、
ここは10年以上前から続いている、筋金入り。

遠くにお住まいの方は難しいかと思いますが、中国地方の方、
是非いちど、行ってみてください。

縄文村
http://jomon.tv/
c0143683_2127179.jpg

[PR]
by salone-aoyama | 2008-05-04 21:31 | RESTAURANTS
<< モントークで詩人に合うの巻
さようなら市民球場! >>