カテゴリ:RECIPE( 11 )
アーティストで選ぶお花屋さん4
本日は、若くして亡くなった友人の命日。
毎年恒例の、「アーティストで選ぶお花屋さん
でオーダーしたお花をおくりました。

ママたちに元気を出してほしい!と
今回はビビッドな色も入れてみました。
あと、今年は、平たい花器。驚いたかな~?

バラ、ラナンキュラス、アストランティア、
チューリップ、トルコキキョウ、ガーベラ、ヒペリカム、
アネモネ、サクラコマチ、が入っているそうです。
c0143683_322640.jpg

こちらは、昨年の。バラ、スプレーバラ、てまり草、
クリスマスローズなど、
花器は、ハランを巻いたタンバルでした。
c0143683_2263198.jpg


14年前、お香典返しにいただいたカップ&ソーサー。
使えないのですが、たまに、箱から出してなでてます。
c0143683_2282590.jpg

これを見ると、当時のくやしさを思い出しますが、
でも、とっても綺麗なカップ&ソーサーだから。。
お洒落で凛としていたあの子が手に残ったみたいで、
これからも大事にしたいと思います。
c0143683_2283161.jpg


てな訳で、今年も、元気だして頑張ろう!と思いました。
後は、確定申告が気になるばかり。。(笑)
[PR]
by salone-aoyama | 2012-03-05 02:35 | RECIPE
ショールームに増えたもの
IKOI工作室の展示会には、遠く福山からも
おいでいただき、感激しました!ありがとうございました。
明日からの展示の搬入を終えて、ホッと一息です。
そして、ショールームにこんなものが増えました。

1)Perrocalienteのティーフォーク
 ショールームのフォークがどんどんなくなるので、また、
 新しいのがやってきました。レーザーのマット加工で
 全面に模様が入っていて、可愛い!
c0143683_015119.jpg

 ドット、ストライプ、市松、チェック。
 私は、一番右のチェックがお気にいりです。
c0143683_041836.jpg


2)ジュエリークリーナー
 もう何年も同じものを使っているので、
 気分を変えてみました。
 
c0143683_061698.jpg

 やっぱり、小さいかも。
 ちなみに、こちらのケース付きでした。
 
c0143683_062553.jpg


3)デスク
 ワークショップがあるので、デスクがやってきました。
 せ、、狭い。 お客様すみません。
 でも一応、横に2人並べるサイズです。
 
c0143683_092913.jpg

 
 
c0143683_0174830.jpg


4)aus LIEBEのお菓子

 藤沢にお住まいのお客様から、
 綺麗なお菓子をいただきました!
c0143683_0222062.jpg

 手にしたとき、なぜか「ドイツ、、」という単語が
 頭を横切ったのですが、本当に、こちらは、
 ドイツ菓子のようです。
c0143683_0222935.jpg

 住宅街の中にある、隠れ家ようなお店みたいで、
 「行ってみたい」と思いました。
c0143683_022119.jpg

 ぎゅっとコンパクトに並べられたパッケージも
 可愛かったです。S様、ありがとうございました!
 稲吉先生と一緒に、お石、頑張って探しますね。
c0143683_0215997.jpg

[PR]
by salone-aoyama | 2012-02-29 00:25 | RECIPE
おすすめレシピ vol.9
今回は、これからの季節にぴったりのさっぱりしたメニューのご紹介です。
一見難しそうですが、実際にやってみると簡単。
材料集めの時点で、あきらめてしまわないでください!

◎ホタテの燻製カルパッチョ パッションソース◎
材料(2人分)============================
・ホタテ貝柱 6コ
・ブロッコリースプラウト 1パック分
・オリーブオイル 大2
・パッションフルーツ 1コ
・塩、黒胡椒

・燻製チップ 大2
======================================

作り方
1.ホタテの耳を取り、両面に塩をふる。
2.底の深いフライパンにの上にアルミホイルを皿状にして、
  燻製チップを入れる。
3. 燻製チップに火をつけ煙が出たら、網を入れ、網の上に
  ホタテをのせてフタをする。
4.片面を1分燻製後、反対にして、さらに1分燻製する。
5.ホタテを取り出し、冷蔵庫でいったん休ませる。
6.パッションフルーツを半分に切り、ボールに中身を取り出す。
7.パッションフルーツにオリーブオイル、塩を一つまみ入れ
  よく混ぜる。
8.ホタテをスライスし、お皿に並べる。黒胡椒をふり、
  パッションソースをかけブロッコリスプラウトをちらばす。

※ポイント
燻製チップはインターネットなどで簡単に手に入ります。
燻製することで、ホタテのうまみがアップし、
ホタテくささもなくなります。
[レシピ提供:いいちゃん ]
c0143683_354372.jpg

[PR]
by salone-aoyama | 2008-06-12 23:50 | RECIPE
おすすめレシピ[vol.007]
c0143683_21484347.jpg
c0143683_3144438.jpg
本日は、ミートソーススパティの魚介版のご紹介です。
魚介とディルは相性よいそうなので、ぜひお試しください!


◎シーフードボロネーゼ◎
材料(2人分)============================
にんにく :2片
オリーブオイル : 適量
白ワイン :50ml
たこ :100g 
ほたて :150g
白身の魚 :100g
トマトソース(瓶入り) :400g
ディル(フレッシュ) :適量
カイエンヌペッパー :適量

リングイネ :1人分80~100g
======================================

作り方
1.鍋にオリーブオイルとつぶしたにんにくを入れ、弱火でじっくり炒める。
2.魚介類をフードプロセッサーで粗めにミンチ状にする。
3.(1)の鍋を中火にし、(2)のミンチを入れ炒め、白ワインを加える。
4.(3)にトマトソースを加え、かるく煮込む。
5.(4)を塩、胡椒、カイエンヌペッパー、ディルを加える。
6.パスタをゆで時間より1分短くゆで、(5)に入れしっかりソースをからませます。
7.火を止め、オリーブオイルをまわし入れる。

  ※ポイント
  パスタを残りのゆで時間ソースで煮込むようなつもりで仕上げると、
  パスタとソースがなじみます。
  パスタはゆでる時、しっかり塩を入れてゆでましょう。

[レシピ提供:いいちゃん ]
[PR]
by salone-aoyama | 2008-04-24 23:50 | RECIPE
おすすめレシピ[vol.006]
今回は、女性が大好きな野菜を、やわらかい酸味のピクルスに
仕上げるレシピのご紹介です。

すっぱすぎず見た目も綺麗なので、これからの季節、
食卓に常備したい一品。

◎いろいろ野菜のさっぱりピクルス◎

材料======================================
かぶ、カリフラワー、セロリなどの季節野菜の他、
きゅうり、にんじん、エリンギ、パプリカ、など適量

りんご酢 : 300cc
水 : 150cc
砂糖 : 大4
塩 : 小1
はちみつ : 大2から大4(好みの甘さに)

にんにく : 1片
クローブ : 3粒
黒胡椒 : 10粒
ローリエ : 1枚
鷹の爪 : 1本
=======================================

作り方
1. 酢、水を鍋に入れ、砂糖、塩、はちみつ、にんにく、クローブ、
  黒胡椒、ローリエ、鷹の爪を加え火にかける。
2. 2、3分沸騰させたら、火を止め、さましておく。
3. かぶ、きゅうり、にんじん、セロリは、適当な大きさの棒状に
  切り、かるく塩をしておく。(15分くらい)
  パプリカも同じくらいの大きさに切る。
4. エリンギは厚めにスライスし、1分くらい茹で、ざるにあげておく。
5. 冷めた(2)をビンなどの入れ物に入れ、(3)と(4)の水分を
  よくふきとり、入れる。
4、5時間でおいしく食べられます。

※ピクルス液は2、3回使えます。
 甘めが好きな方は、はちみつで調節してください。

※季節によっては、ヤングコーン(茹でる)やかぼちゃ(茹でる)、
しめじや椎茸(茹でる)、やまいも、変り種では梨などを入れても
おいしいそうです。

[レシピ提供:いいちゃん ]

c0143683_1193549.jpg

[PR]
by salone-aoyama | 2008-04-10 23:00 | RECIPE
おすすめレシピ[vol.005]
本日は、以前ホームパーティで大人気だった料理のレシピです。

見た目も華やかで、カレー粉とセロリ、ささみのコンビネーションが、
複雑なうまみ&食感のハーモニーを生み出します。

おすすめデス!



◎しっとりささみのカレーマヨネーズサラダ◎
材料======================================
鶏ささみ :4本
きゅうり :1本
セロリ :1本
パプリカ:1個
キドニービーンズ(缶詰) :1缶
アボカド :1個
レモン汁 :大1
マヨネーズ :大4
カレー粉 :小1/2
レーズン :適量
カシューナッツ : 適量
塩、胡椒 : 適量
日本酒 : 適量
======================================

作り方
1. 鍋に湯と日本酒を入れ塩をひとつまみ加え、
  沸騰させすぎ  ないようにささみを1分茹で、
  火を止めそのまま5分くらいおいておく。
2. きゅうりを縦半分にして、5mmくらいの幅に斜め切りする。  
  筋を取ったセロリ、パプリカも5mmくらいの幅に切る。  
3. 切ったきゅうり、セロリにかるく塩をふって10分くらいおき、  
  水気をふき取る。 
4. アボカドを適当な大きさに切り、レモン汁とあわせ変色をせぐ。
5. (1)のささみを取り出し、水気をふき取ったら、
  手で食べやすい大きさにさく。
6. ボールにささみ、野菜、アボカド、キドニービーンズ、
  レーズンを入れ、塩、胡椒をしてから、マヨネーズ、カレー粉とあわせる。
7. 冷蔵庫に1時間くらい入れ味をなじませ、
  食べる直前に砕いたカシューナッツをのせてどうぞ。 *

  ※ポイント
  ささみに火がとおり過ぎるとパサパサになってしまうので、
  余熱で火を入れ、しっとりした仕上がりにするとマヨネーズ、
  アボカドと一体感が生まれます。

[レシピ提供:いいちゃん ]
[PR]
by salone-aoyama | 2008-03-27 23:27 | RECIPE
おすすめレシピ[vol.004]
c0143683_170599.jpg

※写真はレシピの写真ではありません。

◎鶏と野菜のかるいマスタードクリーム煮◎
材料======================================
鶏肉(もも肉): 300g
アスパラ: 5本
スナップえんどう: 12さや
パプリカ(赤): 1/2コ
にんにく: 1片
白ワイン: 100ml
生クリーム: 100ml
粒マスタード: 大2
オリーブオイル: 適量
塩、胡椒: 適量
=======================================

作り方
1. 鶏肉を大きめの一口サイズに切り、
しっかりと塩、胡椒をふっておく。
2. フライパンにオリーブオイルを入れ、
半分に切りつぶしたにんにくを弱火で炒める。
3. にんにくのかおりが出たら、中火で鶏肉を皮面から焼く。
4. 鶏肉の皮面がしっかりきつね色に焼けたら、反対側も焼く。
5. 別の鍋に湯と塩を一つまみ入れ、アスパラ(1/4カット)、
  スジをとったスナップえんどうを1分茹で、最後にパプリカ
  (適当なサイズにカット)を入れたら、すぐにざるにあげる。
6. (4)の余分な油を取り、白ワインを入れ、半分になるくらい煮詰める。
7. (6)に、生クリームと粒マスタードを入れ、沸々してきたら
  (5)の野菜を入れ、2、3分煮る。
8. 最後に塩、胡椒で味をととのえる。
[レシピ提供:いいちゃん ]

シェフの友人「いいちゃん」に
すこし肌寒い春の夜に合うお料理を!
という事で教えてもらいました。

いいちゃんは、よく似たようなのを、まかないで作っていて、
まかない時には、バターライスやマッシュポテトを添えていたそうです。

ワインが似合いそうな一品ですね!
[PR]
by salone-aoyama | 2008-03-14 00:00 | RECIPE
おすすめレシピ[vol.003]
c0143683_1281536.jpg
※写真はレシピの写真ではありません。。

◎きんめ鯛のミネストローネ仕立て◎

材料======================================
にんにく       2片
ベーコンブロック  80g
玉葱         1個
人参         1本
大根         1/4本
キャベツ       1/6個
トマト         2個
白いんげん豆(缶詰め)   1缶
青汁+水(水だけでもOK)  計500g
オリープオイル  適量
塩(岩塩)      小1杯
ローリエ       1枚
きんめ鯛      


胡椒
小麦粉
=======================================


下処理
1. にんにくは半分に切り、芽を取り除く。
2. ベーコンは、棒状にカットする。
3. 玉葱は1cm角、人参、大根は、0.8mm角、
  キャベツは1cm強、トマトは湯むきして1cm角にカットする。
4. きんめ鯛は、適当な大きさに人数分にカットする。


作り方
1. 鍋にオリーブオイルを入れ、
  中火でにんにく、ベーコンをじっくり炒める。
2. (1)に玉葱→人参→大根の順に加え、さらに炒める。
3. (2)にキャベツを加え、かるく炒めたら、トマト、白いんげん豆、
  青汁+水、ローリエ、塩を加え、30分煮込む。 
  ※煮込んで1時間くらい置いておくと味がなじみます。
4. きんめ鯛に塩、胡椒をし、小麦粉を薄くまぶす。
5. フライパンにオリーブオイルを入れ、中火で皮面を1分、
  ふたをしてさらに2分、反対側を1分半焼く。
6. あたためたスープ皿に、あたためたミネストローネを注ぎ、
  焼きたてのきんめ鯛を乗せて盛り付ける。

仕上げにオリーブオイルをかけてどうぞ。

[レシピ提供:いいちゃん ]


ミネストローネだけで食べてもおいしいのですが、
ミネストローネをきんめ鯛のソースのように使っているところがポイント。
ちょっとした一品になります。

別バージョンとしては、パンや焼きおにぎりと合わせても
おいしいそうです。


青汁のこんな使い方があったなんて!と驚きのレシピでした。
[PR]
by salone-aoyama | 2008-02-28 00:00 | RECIPE
おすすめレシピ【Vol. 002】
友人のシェフ「いいちゃん」から
「すっごく簡単」との保証つきで
スイーツレシピを教えてもらいました!
c0143683_449871.jpg

◎熱々とろりフォンダンショコラ◎

材料(ココット4個分)============================
チョコ(カカオ成分50~60%):200g 
バター:100g
生クリーム:50g
粉糖:50g
卵黄:3個分
卵白:2個分
ブランデー:15g(※お好みで)
=======================================

作り方
1. ボールにチョコ、バターを入れ、湯煎で溶かす。
2. (1)に卵黄を1個ずつ加え、ゴムべらで混ぜ合わせる。
3. (2)に生クリームを加え、ゴムべらで混ぜ合わせる。
4. (3)に粉糖を加え、ゴムべらで混ぜ合わせる。
5. 卵白を5、6分立てくらいに泡立て、(4)に加え、ゴムべらで
  混ぜ合わせる。 
 (※分離しそうになったら、ホイッパーで混ぜるときれいに乳化します)
6. お好みで(5)にブランデーを加え、ゴムべらで混ぜ合わせる。
7. 200度にあたためたオーブンで、9~10分焼く。

※焼きすぎると、フォンダンショコラの最大の楽しみ、
 とろーりとろけるチョコが固まってしまいます。
※冷蔵庫で保存して、食べる直前に焼くこともできます。
 その場合には、焼き時間を1~2分多めにしてください。

[レシピ提供:いいちゃん ]


どうですか!?

お好みでお酒の種類を変えたり、
チョコの種類を変えたりしても楽しめますので、
是非、試してみてください!
[PR]
by salone-aoyama | 2008-02-14 23:50 | RECIPE
おすすめレシピ【Vol. 001】
コニチハ!

昨年、友人のシェフ「いいちゃん」の家で、
「肉祭」(笑)と銘打ったパーティが開かれました。
※多種多様な肉料理を、「いいちゃん」が振る舞ってくれた

その時、大人気だったメニューのレシピを教えてもらったので、
みなさまも週末の夕食や、ホームパーティなどで
このおいしさを試してみてください!

今後も、「いいちゃん」がそっと色々教えてくれそうなので、
ちょっとずつお伝えしますね。お楽しみに〜。
c0143683_2215184.jpg

◎無花果とサワークリームのじゅわっとカツレツ◎

材料(4人分)============================
豚ロース(しょうが焼用くらいの薄切り):16枚
生ハム:8枚
サワークリーム:200グラム
乾燥いちぢく:7~8コ
衣用の薄力粉、溶き卵、パン粉(細かめ):各適量
オリーブオイル:適量
=======================================

作り方
1. 乾燥いちじくを細かくきざみ、サワークリームと混ぜる。
2. 豚肉の片面に(1)のクリームを平らにのばし、
  もう1枚の豚肉ではさむ。
3. (2)の片面に、塩、胡椒、反対の面に生ハムを貼りつける。
4. 薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。
5. フライパンに多めのオリーブオイルを入れ、
  中火でオリーブオイルをまわしかけながら、
  両面をきつね色に焼く。 ルッコラサラダなどをつけあわせて、どうぞ。

※パン粉に粉チーズ、乾燥タイムを混ぜるとより香り高く仕上がります。

[レシピ提供:いいちゃん ]

ちなみに、ラムチョップや鶏肉ではさんでもおいしいそうです。
ラムチョップは私も作ってみましたが、
見た目も格好良い一品で、くさみもなく、最高!でした。
[PR]
by salone-aoyama | 2008-01-25 02:21 | RECIPE