<   2009年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
渋谷 ワインバー CHINOIS(シノワ)
「ワインバー・シノワ」に行ってみました。
c0143683_14224272.jpg

ヤマダ電機の向かいとは思えない、落ち着いた空間。
アリア(高い女性の歌声)が流れており、オトナなお店です。
c0143683_1444582.jpg

ソムリエの方は気さくかつ、
「とっても分かってくれてる」感のある女性でした。

出してくれるワインがすべておいしかった!(←友人のも味見)
が、最近あまり飲めなくなって、1杯しか飲めず残念。

お料理も、ちょっとこだわりがあって、でもおいしくて。
フレンチっぽいんですが、生春巻きとか、鴨餃子とかもあります。
c0143683_1505760.jpg

最後にいただいたカフェオレには、癒される絵が描いてありました。
また、ここぞという時(どんなとき?)に行きたいです。
c0143683_1554995.jpg

友人に、面白いものをもらいました。

DRUNK WINE GLASS
「たっぷりとワインを飲んだワイン職人によってつくられたグラス」
だそうです。
c0143683_15242639.jpg

WILLIAM WARRENという、
外側がミニマル、内側がクラシックな鏡やソファを作ったりしてる
デザイナーの方のグラスとの事でした。
c0143683_1529642.jpg



▼ワインバー CHINOIS(シノワ)
www.chinois.jp



c0143683_12534549.jpgこのサイトのRSSを購読

c0143683_12364219.jpg

シノワ 渋谷店フレンチ / 渋谷駅神泉駅

夜総合点★★★★★ 5.0


[PR]
by salone-aoyama | 2009-08-30 14:14 | RESTAURANTS
ma chere Cosette?のベルベットバッグ
ma chere Cosette?の09秋の新作、
ベルベットバッグが入荷しました!

まだ暑い時期なのでピンとこないかもしれませんが、
ma chere Cosette?の季節品は、
ソールドアウトになったら再入荷が難しいので、
早めにチェックしてみてくださいね。

装着写真がなくて申し訳ないのですが、
とても持ちやすい、ミニバッグです。
完璧な形をしている!と思います。

http://www.salone-aoyama.com/scb/shop/shop.cgi?No=1406&
c0143683_1124574.jpg

http://www.salone-aoyama.com/scb/shop/shop.cgi?No=1407&
c0143683_11234652.jpg


私ならば普段のちょっとしたお出かけに持ちますが、
パーティにもぴったりで、ずっと使えると思います。


c0143683_12534549.jpgこのサイトのRSSを購読

c0143683_12364219.jpg
[PR]
by salone-aoyama | 2009-08-26 21:38
渋谷 霧乃個室 蒸し屋清郎に行くの巻
「ああ、行きたいって言ってたねえ」と、
私の友人の全員がつぶやくであろう、蒸し屋清郎。

お店を選ぶ時の候補ラインナップに1年間上げ続けた結果、
とうとうこのたび実現し、行ってまいりました。

ジャーン。
c0143683_1353343.jpg

30センチ角くらいの大きな蒸篭に、
びっしりと水菜や薩摩芋などがしきつめられ、
その上に、お肉が載っています。

ジャーン。こちらは、かんぱちが載っています。
c0143683_13544984.jpg

どちらもさっぱりしておいしかったです。

せっかくお料理がさっぱりしているので、
薄味のタレを選ぶことをオススメします。

▼霧乃個室 蒸し屋清郎
http://r.gnavi.co.jp/g600154/
c0143683_1444317.jpg

せいろ蒸し・地鶏焼 霧乃個室 蒸し屋清郎 居酒屋 / 渋谷駅神泉駅明治神宮前駅

夜総合点★★★★ 4.0


[PR]
by salone-aoyama | 2009-08-26 13:46 | RESTAURANTS
IKOI工作室の新作
IKOI工作室の新作が入荷しました。

リング31点、ネックレス3点の合計34点!
と、稲吉先生のアシスタント山ちゃんのメモより。
c0143683_15293375.jpg

リングのほんの一部。
今回は、原石も多くあります。
c0143683_15305446.jpg

このネックレスは、うちで扱うのは
はじめてのライン。
c0143683_15312830.jpg

どれも1点ものです。
正式アップをお楽しみに!
[PR]
by salone-aoyama | 2009-08-16 23:29
番外編:父母の旅 お土産
今回の父母の旅で、購入したお土産を少し紹介。


国立近代美術館で購入した、
勝間田 千恵子さんの食器は、
祖母の面倒を見てくれていた叔母へ。

まるで水彩絵の具をひきのばしたような
淡くさわやかなブルーの色。
中は、おちついた銀色に輝いています。
c0143683_23473490.jpg

おなじく国立近代美術館で、須藤 玲子さんのストール
もゲット。

須藤さんのデザインした布は、ニューヨーク近代美術館を
はじめ海外の美術館に永久保存されるなど、
世界的な評価も高いのです。
シャリシャリした張りがあり、紙細工のよう。
c0143683_043230.jpg

さっそく巻いてみた母。
c0143683_095932.jpg

今回の旅のスポンサー、兄夫婦へ。
富士の道の駅で買ったワイン。
c0143683_23543642.jpg

ご近所様へ。甲府。くろ玉。
c0143683_014561.jpg

国立新美術館で買ったマトリョーシカ折り紙。
グラフィック折り紙の創作ユニット「チャエ」のものです。
c0143683_012848.jpg

六本木ヒルズの ミュージアムショップで、
蜷川実花さんのサクマドロップを親戚のお子様へ。
c0143683_0312780.jpg

明治神宮にて。定番、原宿限定キティ。
c0143683_01498.jpg

その他、箱根の寄木細工の逆立ち独楽など、
小さいものを少しずつ買って楽しみました。
[PR]
by salone-aoyama | 2009-08-16 18:44 | DIARY
明治神宮にて、観光終了
父母の旅最終日は、午前中に明治神宮を散歩。
c0143683_23375636.jpg

c0143683_23382295.jpg

あまりの暑さに、かき氷をいただきました。
手前右は、父の斬新なアレンジのかき氷。
c0143683_23391229.jpg


ランチは、原宿前の南国酒家へ。
中華が続いてしまいましたが、原宿駅前には、
大人が入りやすいお店が他にあまりないので。
c0143683_23401842.jpg

この、「彩の国黒豚」の古代米包み蒸し、
とってもさっぱりしておいしかった。
c0143683_234299.jpg


原宿駅から、広島に向かって出発。
おつかれさまでした!
c0143683_23434936.jpg

[PR]
by salone-aoyama | 2009-08-16 17:34 | DIARY
美術館めぐり2
翌日も、父母の旅は続きます。

まずは、国立近代美術館へ。
母は趣味の陶芸をやっているので、
工芸館の方に行きました。
c0143683_23131986.jpg

結構たくさんの作品をすでに
広島の美術館で見ていた父母に、びっくり。
休憩所でカタログを熟読する母。
c0143683_23161496.jpg


ランチは、お堀が見える九段下会館迎賓館で
いただきました。1000円ちょっとなのに優雅な気分。
c0143683_2318686.jpg
c0143683_23185248.jpg


そして、上野に移動して東京国立博物館へ。
あまりの暑さに、博物館の1階には、
ソファで気絶したように寝る人々が多発。
c0143683_23234881.jpg


さらに移動し、浅草見物をした後、
中華料理をいただきました。
一日中歩いていたので、ビールがおいしかった!

巨大なエビワンタン。
c0143683_23274350.jpg

黒酢の酢豚
c0143683_2328679.jpg

とろーりと柔らかかったです。
c0143683_2330753.jpg

[PR]
by salone-aoyama | 2009-08-15 23:30 | DIARY
美術館めぐり
父母の旅、3日目。
本日は趣を変えて、美術館めぐりです。


c0143683_22433014.jpg

まずは、母が熱望していた、「日本民芸館」へ。

宗教哲学者、美術研究家で民芸運動の主唱者でもあった、
かの有名な「柳宗悦」が中心となって作ったらしく、
とてもしっとりとした雰囲気のところでした。

骨董商・古美術鑑定家の中島誠之助さんがいらっしゃって
「うおー!」と、父母が、喜んでヒソヒソ。

向かいには、柳宗悦の元住居もありました。
c0143683_1528958.jpg


その次に訪れたのは、国立新美術館。
c0143683_22442927.jpg

父母も私もラリックが好きなので、興奮。
頭痛が起きそうなくらいの行列ができていましたが、
じっと我慢して全部見ました。
c0143683_238395.jpg

省胎七宝という、向こうが透けて見える技法で
つくったお花やトンボの羽のジュエリーがたくさんあり、
なかなかこれだけ見れる機会はないので、大満足。


その次には、森美術館へ。
展望台から東京を見渡しました。
c0143683_2254925.jpg

広島人からすると、山がないのが不思議な風景。
晴れていたら、ここからも富士山が見えるようです。
c0143683_22544212.jpg

天使の梯子を見ながら、カクテルジュースを飲みました。
c0143683_2257473.jpg


サントリー美術館に行く頃には、夕飯の時間だったので、
ミッドタウンのみチラリとみて終了。


ちなみに、ランチは、もんじゃ焼きをいただきました。
「へえー。不思議ー。でも美味しいねえ。」と両親。
c0143683_2301072.jpg

c0143683_2301836.jpg



夜は、マッサージに行ってもらい、
体のメンテナンスをしてもらいました。
明日は、もっとも歩く日になる予定。
[PR]
by salone-aoyama | 2009-08-14 15:28 | DIARY
富士山&箱根
父母の旅は続きます。

朝起きて朝食を食べた後、箱根へ向かいました。
c0143683_152565.jpg

「あッ!富士山だ!」と母は大喜び。
西の人間は、こんな近くで富士山を見るチャンスが
なかなかありません。
c0143683_155524.jpg

芦ノ湖も、「んまあ。きれいねー。」とうっとり。
c0143683_1565184.jpg

山の景色は変わりやすく、霧が出てきたり、晴れたり。
c0143683_1583735.jpg

ロープウェーにも乗りました。
c0143683_15101447.jpg

行ったのは、大涌谷。アチコチから煙が出て、
現実離れした風景が広がります。
c0143683_15141264.jpg

大涌谷では、延命効果のあると言われる
温泉卵をいただきました。
c0143683_15143568.jpg

夕方は、母の大好きな富士山が
夕日を浴びて、赤バージョンに変化。
c0143683_15173598.jpg

山梨の名物、ほうとうをいただいて、
本日の観光は終了いたしました。
c0143683_15184491.jpg

ちなみに、箱根にはまだ、紫陽花がいっぱい。
c0143683_152136.jpg

こんな風につぼみが球体なので、
最初はしゃくやくかと思いました。
c0143683_15212952.jpg

[PR]
by salone-aoyama | 2009-08-13 14:59 | DIARY
富士山麓の叔父の別荘
忙しく働いてきた父母が定年をむかえ、
はじめて、観光だけの理由で上京しました。

兄が出資、叔母が実家の祖母の世話、
私がガイド、とそれぞれが分担して実現。

親戚一同、ワクワクしてプランした旅ですので、
しばし、親戚への報告ブログをアップさせていただきます。
退屈な方は飛ばしてくださいね。


で、まずは、富士山好きの母の為に、
富士山麓の、叔父の別荘へ。

うっそうとした森を抜け、、、
c0143683_1474360.jpg

到着するなり、「おおー!」と車内は拍手喝采。
はじめて来ましたが、とっても上質&広い建物。
c0143683_14123583.jpg

「猫走り」という細い通路が天井に走り、
こっそり通路に4人用の囲炉裏があったりする遊び心。
c0143683_14152818.jpg

外のテラスでは、バーベキューをしました。
c0143683_1446332.jpg
c0143683_14461830.jpg

うちの父母と叔父夫婦が、
大学時代に同じ写真部だった事もあり、
バーベキューをしながら、昔話に花が咲きました。

小さな島で生まれ育った伯父は、
給料5万円だった時代から、
苦労を重ね、このような別荘を買うまで
一代で事業を成功させた訳で、尊敬。

富士山麓は、少し肌寒いので、暖炉もつけました。
c0143683_14484456.jpg

で、ミニシアターのような状態で映画を見たりもしました!
c0143683_1450230.jpg

お風呂は、外の植物にスポットライトが当たっていて、
露天風呂のようにゆったり。
c0143683_14505457.jpg

叔父夫婦と両親の会話を聞いていて、
自分も頑張ろうと、勇気が湧いた夜でした。

おやすみなさいませ。
c0143683_1456182.jpg

[PR]
by salone-aoyama | 2009-08-12 21:02 | DIARY