海を超えた絆
とうとう、導入しましたよ。スカイプ
パソコンのマイクを使って、無料で通話ができるソフトです。

私のMacBookにはカメラもついているので、TV電話みたいな事もできます。

NYに住む古くからの友人shubooに言ったところ興味を示してくれず不満。
どちらにしても、いつもshubooが電話をかけて来てくれるから、
向こうが無料に興味ないのなら、それで良いのだけれど。

という訳で、最近はもっぱら、Australiaに住んでいる、
ジュエリーデザイナーManaさんと会話しています。

主に、SALONE AOYAMAについてのミーティングなんだけど、
同居人のユン君が時々画面に登場したり、飼い犬のcassieちゃんが登場したり。
「こんな新作作ったよー」と見せてくれたり。
まるで一緒の部屋にいるかのような錯覚に陥ります。

うーん。ドラえもん。やっぱり21世紀って、すごいんだね!
c0143683_029372.jpg

[PR]
# by salone-aoyama | 2007-10-09 19:31
指折り数えて待つ
コニチハ!

師走まであと2ヶ月。
年末になると、海外に住んでいる友人達が
日本に帰ってくるので楽しみです。

12月の上旬には、ロスで写真家&WEBデザイナーとして
がんばっている、ナチョコちゃんが帰ってきます。
楽しみだよう。

ナチョコちゃんは、都会的なセンスの持ち主で、凛とした清潔な雰囲気も持ちつつ、子供のような無邪気さも兼ね備えている、私にとってパーフェクトな人物なのです。

1年くらい同居していたことがあるけれど、毎晩夜中の1時すぎまでしゃべり続け、朝起きたら出勤までしゃべり続け、さらに帰ってきたらしゃべり続け・・・かなり盛り上がっていましたね。私たち。

ナチョコの友人がまた、日本人離れしたセンスの方々。

中でもBENICOTOYは、天才っぽかったなあ。
毛皮からイエスキリストが身を乗り出したオブジェ(←BENICOTOYが捨てようとしているので、ナチョコがもらったというエピソードの割に、すんごい格好良いもの)や、
キュートな人形でできたジオラマ、
細かい手作業によって生まれた極彩色の携帯ストラップなどなど、
カルチャーショックを受けずにはいられない作品が、
ナチョコと同居していた家に、次々と運び込まれてきたものでした。

他にも面白い人物がたくさんいたけど、ここでは割愛。

そんなBENICOTOYが友だちと開いたサイトを、ナチョコが作ったそうです。
動きがおもしろいし、内容も面白いので、ちょっとご紹介。

三人官♀

c0143683_14572387.jpg

[PR]
# by salone-aoyama | 2007-10-07 13:54